ファントム・ノーム

評価:A
割れない氷の中でHPさえ削れていれば高確率で割れる。
継承6もついているが、手札に風参照のため輪廻王カオスとセットで使いたい。
継承が発動しない状態でも割りは発動するので腐りにくい。
ファントムノーム

ペガサス

評価:A
必要な状況で上手く使う事ができれば優秀なカード。
ただ狙いすぎて逆に何もできなくなるようならマイナス。
最悪バニラとしても使えるので、邪魔になっても捨てやすい。
ペガサス

ペガ風デッキ2

>>ペガ風デッキ2<<

コウベで防衛を引っ込ませたい版。
LAとりやすいカオスを抜き、セットのファントムもはずしてます。
ペガトトロはそのままなのでクリを持った後もLAを狙う立ち回りは変わらず。

Isgebind

評価:S+
防衛有りの相手に貫通4200の恐ろしい子。
氷やモルダバなど上昇系の場合は、その効果を無効化した上で自火力+1000。
5200の貫通が出せる恐ろしい子。
手札参照も1枚で条件も優しい。
ガチャ限定なので複数枚積むのは厳しいが1枚でも持っているなら是非導入したいカード。
Isgebind

2ヵ国戦の私の考え。

  • 落とし返しの重要性
    アマテラスが横行している戦場なので、落とし返しが重要です。
    そして最後に落とし返して生還する事が最重要。

  • 落とし返す位置
    当然生還が目的なので、落とし返す位置も重要です。
    出来る限り自軍フォトの多い自軍側で落とし返す。

  • 有利に進めるカード
    瀕死で自軍へ1歩帰られてしまったりなど、あと一撃の敵をトトロやペガサスでLA。
    そうする事で高確率で生還できます。

  • 落とし返すための準備
    味方ホルダーが落とされた時にAPが足らずに生還されてはいけません。
    ではどうすればAPが重要な場面で足りるようになるか。
    味方ホルダーが前に居る場合や、落とし返した直後等は当然敵も落とし返してきます。
    味方ホルダーの位置を常に把握し、今はAPを使っていい場面かを選択します。
    防衛の2枚目を張る場合も、防衛コストたまって即ではその後待機明けで対応できません。
    APが8~9溜まってから張れば待機明けでも動きやすいです。
最新コメント
  • ライブドアブログ